閉じる

タイ風ハーブソーセージを作りました!

またまた、TABICAのタイ料理教室に行ってきました。いつものTa先生の料理教室です。

今回は、

チェンマイハーブソーセージ

青唐辛子のディップ

青菜と豚ナンコツのスープ

バナナとココナッツミルクの蒸し菓子

でした。

お店を開店した当時、ソーセージをウリにしようと、何度も試みたのですが、納得ができるものがなかなかできず・・

その後も何度が家では作っていましたが、家族の反応は「う~ん・・」って感じ。

今回、チェンマイ出身のTa先生が作る「チェンマイハーブソーセージ」がどんなものかめちゃくちゃ楽しみでした。

今回の料理教室には、私を含め6名が参加。

慣れている人が何名かいて、まるでアシスタントさんのように手際よく準備。

ソーセージは大変ですよぉ~と先生が言ってましたが、

ぱぱぱーっと切って、さささーっと調味料を入れて、あっという間に準備ができた、という感じでした。

私がいままで作ってきたソーセージの場合、「肉の温度を上げない」ということで、大き目のボールに氷をいれて、その上に肉を入れたボールで肉をこねる作業をしていました。

今回は、お肉はそのまま。冷やす作業はなし。

豚肩ロースを小さめに切って、調味料とともにフードプロセッサーでミンチにします。

チェンマイのハーブソーセージなので、いれるハーブもレモングラス、パクチー、こぶみかんの葉といったタイのハーブ。

こぶみかんの葉、、初めて使いました。

入手できない場合は、スイートバジルでもいいそうです。

フランクフルト用の腸に詰めて、蒸し器で15分。

蒸し器を使うんですね、、、

だいたい、茹でるのが多いのですが、蒸すんですね。

蒸しあがったら、油を引いたフライパンで外側をパリッと焼いて出来上がり!

とっても美味しかったです。

早速家に帰って、ソーセージを作りました。

材料は揃えられないものもあったので、アレンジして作りました。

味は美味しかったのですが、ぱさっとした感じがして、いまいちな仕上がり。

何かが違うんですね。

蒸し器の温度が高かったかなぁ・・

お持ち帰りしたソーセージと食べ比べした家族が、断然、チェンマイハーブソーセージのほうが美味しい!という評価。

リベンジして、また作ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *

© 2021 ふくろうの独り言 | WordPress テーマ: CrestaProject の Annina Free