閉じる

白イカ、赤イカ、剣先イカ

夕食のメニューを決めるときは、「何を飲みたいか」か、「何を食べたいか」で考えます。

昨日は、日本酒の気分。

魚の買い出しに出かけたところ、高級品の「白イカ」をみつけました。

白イカって何だろうとググってみたら、産地によって「赤イカ」と呼ばれたり、「白イカ」と呼ばれるとのこと。

どちらも「剣先イカ」のこと。

昔、能登にキャンプに行って鮮度抜群の赤イカを食べて、めちゃくちゃ美味しくてびっくりしたのを覚えています。

「白イカ」一杯 1320円。お値段的に、高級品という感じですね。

本日はイカづくしのメニューに決定。

1.イカのお刺身

2.イカ・オクラ・納豆

3.ゲソの唐揚げ

4.イカと小松菜の炒め物

高コレステロールの夕食です、、

鮮度が良いので、こんなに鮮やかな色です(画像加工していないです)

まな板に乗り切らないくらいの大きさでした。ゲソを除いて、胴体だけで50㎝はあったと思います。

胴体の真ん中の部分はお刺身。

胴体の両端は、炒め物

エンペラーのところは、小さくきってイカ納豆に。

ゲソの部分は唐揚げにしました。

【イカ・オクラ・納豆】

材料:オクラ 2本、納豆1パック、イカ エンペラー部分を小さめに切る、梅肉、鰹節

オクラはレンチンが楽です。

オクラを洗って、茎をきります。がくの部分から切り落とすと水っぽくなるので、茎のみ切って、がくの部分は、包丁でくるりとむきとります。

塩をふってまな板の上で板ずり。皿に重ならないようにいれ、ラップをかけて600wで50秒くらい。冷ます。

材料をすべて入れて、上に梅肉を少しのせ、その上から鰹節をかけて出来上がり!好みでお醤油をかけます。梅肉が多めで、醤油なしで食べるほうが個人的には好きな味です。

【ゲソの唐揚げ】

ゲソ部分は食べやすいように2本くらいに切り分けます。

塩をかけて、吸盤をとりのぞくようにしごきます。

水で洗って、ペーパーで水分をふき取り、醤油、みりん、生姜のタレに漬け込みます。

漬け込み時間は、15分くらい。

タレは、醤油とみりんが2:1くらい。生姜は適量。

15分おいたら、ペーパーで水分をふき取り、片栗粉をしっかりまぶして170度で揚げます。

【イカと小松菜の炒め物】

材料 2人前:イカ、小松菜(半分量)、椎茸 4個、長ネギ 10㎝くらい 

フライパンに、大さじ2くらいの油をいれます。

まず、長ネギを入れて炒めます。いい香りがしてきたら、椎茸を入れます。

小松菜、イカを入れて軽くいため、塩コショウで味付けして出来上がり! 

白イカは、高くても納得の味。

コリコリとした食感、噛むほどに甘味と旨みが感じられ、めちゃくちゃ美味しい!

日本酒もすすみます。

お刺身はあっという間に食べてしまいました。

美味しくて満足しましたが、、

この大きさのイカを二人で食べきるには、量が多すぎた・・・

美味しかったけど、しばらくはイカはいいかな。身体にコレステロールが満ちている感じがしました。

余談ですが、

残った大葉は、クッキングペーパーを濡らして、包み込むようにして、タッパーにいれておくと1週間は新鮮な状態で使えますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *

© 2021 ふくろうの独り言 | WordPress テーマ: CrestaProject の Annina Free