閉じる

うちの子自慢

それは生後8か月になるチワプー(チワワとプードルのMix)の女の子。ムギちゃん。

みんなで溺愛してしまっている。

千葉のブリーダーさんまでお迎えに行ったときは生後60日くらい。手のひらに乗るくらい小さかった。

「わん」と吠えることがまだ上手にできず、「あん」という感じで小さい声で吠えてた。

14歳になるおじいちゃんのヨークシャテリアの後をちょこちょと付いていく元気な女の子。

おもちゃで遊んでいるかと思ったら、突然電池切れになり、こてッと寝る

とにかく癒される。

最初のころ、トイレがなかな上手にできず、座布団の上で失敗したり、カーペットの上で失敗したり・・・と。

「上手にできたねぇ!」と沢山褒めてあげると、だんだん失敗する回数がへり、上手にできるようになった。

うちにきて、すぐに覚えたのが自分の名前と「ご飯」の2つ。

ムギが理解できない言葉を言うと、わからない、って感じで首を横にかしげる。

一生懸命理解しようとしているみたいで、超かわいい。

比較的大きなケージを用意し、ムギが脱走できないように高い柵をつけた。

これで大丈夫とお留守番をさせたが、家にもどると、なぜかソファの上に・・

何度やっても、ソファの上にいるので、そーっと様子をみてみたら・・

こんな感じで、よじ登っていた。

蓋をしてみたが、それでも隙間から脱走した。

かしこいなぁ、、と感心した。

今は、あきらめて、ケージに閉じ込めないままお留守番。

「いってくるね、バイバイ!」というと、出かけていくことを理解して、後追いしてこない。

最初は心配だったが、カメラを様子をみると、静かにねていた。特に悪さもせず、おじいちゃん犬と寝ている。

お手、まて、ふせ、ハイタッチ、ご飯、食べる、バナナ、リンゴ、バイバイ、遊ぶ は、理解しているみたい。

今はすっかり大きくなってしまって、おじいちゃん犬の行く手を阻む。

おじいちゃんの2倍の大きさに成長した。

よろよろ歩いていたおじいちゃん犬も、ムギのおかげで丈夫になってきた。

ムギがいるだけで、心が癒される。悪さもするけど、やっぱりかわいい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *

© 2021 ふくろうの独り言 | WordPress テーマ: CrestaProject の Annina Free