閉じる

ブレイクスルー感染

ブレイクスルー感染、ワクチン接種が2回終わっていてもコロナに感染してしまうこと。

これについてのニュースをテレビを見て、いくらワクチン接種が2回終わっていても、まったく安心できないと思った。

「2回目のワクチン接種でも熱も出ないし、ぜんぜん大丈夫だったよぉ~、本当にこれで抗体ができているのかなぁ」

と言っていた人がいたが、

そのときは、2回接種したんだから、大丈夫でしょ、と軽く考えていた。

だが、どうやらそれは甘い考えだったようだ。

実際には2回目接種して、1週間くらい(ファイザーの場合)で抗体の量が大幅に増えるらしいが、中にはまったく増えず、低い数値のままの人もいるそうだ。

また、人によってできた抗体の量を高く維持できる人と、どんどん減少してしまう人もいるとのこと。

コロナに感染した場合に、発症や重症化を防ぐ抗体の量が人によってさまざまであり、また抗体がそもそもできない人もいるとなると、コロナ感染の終わりが見えてこない。

早くにワクチン接種が終わっている高齢者の方たちなど、ブレイクスルー感染者の数が増加している。

ワクチン接種がすすめば、このブレイクスルー感染者の数も益々増加すると思う。

コロナに2回も感染した、という人が芸能人にもいるが、

アルファ株、デルタ株などコロナの変異による差で感染したんじゃないの?と思っていたが、抗体ができにくい体質だったのかも。

3回目のワクチン接種を実施するアメリカでは、2回目のワクチン接種を終えて8か月が経過した人に対して実施する予定。

ただ、WHOでは科学的根拠がないと否定的。

抗体ができにくい人に3回目のワクチン接種をした場合、抗体はできるんだろうか・・

ちなみに、

私はワクチン接種を2回終えている。

モデルナのワクチン。

2回目接種後に、解熱剤を服用しても38度5分まで熱が出て、結構しんどかった。

1日寝込んでしまったが、抗体がしっかりできた気分。

そうあってほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *

© 2021 ふくろうの独り言 | WordPress テーマ: CrestaProject の Annina Free