閉じる

Makuake のサカナイフ

Makuakeとは、クラウドファンディングで資金を集め、製品を世の中に出すお手伝いをするサイトです。

まだ世の中にでていないプロジェクト(製品)に対して、そのプロジェクトに対する開発者の思いや、背景をよく理解した上で、出資(応援購入)します。

資金がある程度あつまったら、製品化が決定します。

出来上がるまでだいたい3か月くらい待ちます。

今までの買い物とは概念が異なり、最初は大丈夫かなぁ、、と恐る恐る購入しました。

最初に購入したのは、お店で使う炭酸メーカーです。

プロモーションビデオをみて、こんな風に強炭酸が作れたらいいなぁ、、と思い購入を決めました。

実際に届いたのは、プロモーションでみたものとは別の形をしたイメージとは異なるものでした。

実物に対して、値段はちょっと高いイメージでしたが、今も問題なく重宝して使えているので、正しい買い物をしたと思っています。

一度購入すると、登録メールアドレスに新しいプロジェクトの紹介が届きます。

何気なく見ていたら、ささるものがありました。

それが「サカナイフ」です。

出刃包丁のサイズがいまいちで、使いずらくて、お魚をさばくときに刺身包丁でさばいてリしていました。

家にあるには、小さい出刃包丁、お店用に購入したのは大きい出刃包丁。

どちらも、使いにくくてあまり使っていませんでした。

Makuakeのサイトの説明をみて、めちゃくちゃほしくなり、2本セットで購入しました。

2本セットで購入すると、包丁研ぎも付いてきました。


「サカナイフNext」のほうですが、これはとても重宝します。

野菜からお肉~お魚まで、これ1本で行けます。

トマトもこの薄さでスライスできます。サンドイッチも綺麗にスパッときれました。

キャベツ、カボチャなどもスパッと切れます。

なかなかいいものをGetしました。

もう1つの「サカナイフfor Kitchen」は魚をさばく用です。

Makuakeのサイトにその様子がYoutubeでのっていますが、本当にこんな感じで簡単にさばけます。

先端がうろこ取用になっていますが、こちらは、専用のうろこ取りのほうが優れています(と、個人的には感じました)。

手にもってみると、それほど大きくなく、魚の身と骨の間に包丁をいれるときも、それほど力を入れずにできました。

真鯛をおろしたのですが、骨も簡単に切ることができたので、切れ味は抜群だと思います。

三枚におろすのが苦手な人でも、大丈夫だと思います。

2本セットに包丁研ぎが付いて、 21,714円でした。

2つはいらないわぁ~というのであれば、私のおススメは、「サカナイフNext」です。

これ1本で、他の包丁、ほぼ使わなくなりました~。

興味のあるかたは、Makuakeのサイトをのぞいてみてください。

買う買わないは別として、面白いものが結構あります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *

© 2021 ふくろうの独り言 | WordPress テーマ: CrestaProject の Annina Free