閉じる

焼きナスを美味しく食べる

秋ナスは嫁に食わすな、という諺がありますが、茄子は今が旬。

スーパーなどでは、袋にはいっているので、なかなか見分けにくいですが、皮の色は濃い紫色で、ハリと光沢があり、ぷっくりと膨らんでいるのが新鮮。

またヘタの部分のトゲがピンとしていて、ヘタとの境目が白いものが新鮮です。

まず、ヘタの周りを包丁でぐるりと一周してカットします。

次に、縦に何本か切り目をおしりまで入れて、最後につまようじなどで、ぶすぶすと数回さします。

これで、下準備は完了。

魚焼きグリルにいれて、中火で12分くらい。

火が片側だけの場合は、6分くらいでひっくり返します。

うちのグリルは電気なので、アルミはかぶせなくても大丈夫ですが、ガスの場合で、焦げてしまうようでしたら、途中様子をみてアルミをかぶせて焼きます。

中がトロトロで美味しい焼きナスの出来上がり。

熱いですが、トングなどで茄子のおしりの方から、皮をつまんで剥きます。

このとき、水につけないでくださいね!

せっかくの美味しさが台無しです。

鰹節をかけて、お醤油で食べても美味しいですが、ニラ醤油をかけて食べるとさらに美味しい!

【ニラ醤油の作り方】

ニラ 1束 ※つぶさないように包丁を滑らせて切る

醤油 200cc

酒 100cc

みりん 100cc

青唐辛子、赤トウガラシを入れてもOK

酒、醤油、みりんを鍋にいれて、煮切る(沸騰して1分)

冷めたら、みじん切りにしたニラと唐辛子をいれて出来上がり!

2日目くらいから美味しい。そのまま2週間は持ちます(清潔なスプーンでとってくださいね)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *

© 2021 ふくろうの独り言 | WordPress テーマ: CrestaProject の Annina Free